幹細胞培養液療法

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?
  • 身体の不調を改善したい
  • 若々しさを取り戻したい
  • 怪我や痛みを改善したい
  • しわ・しみを消したい
  • アレルギー疾患を改善したい
  • 薄毛、抜け毛の対策をしたい

整形外科とは

ヒト幹細胞培養上清液とは、体内に存在する歯髄・臍帯・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出して滅菌等の各種処理を行った液体(上澄み液)のことを言います。

幹細胞は細胞自身が活性化・成長・増殖するために「サイトカイン」と呼ばれる様々な種類の生理活性タンパク質を放出しています。サイトカインは、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たし、老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするため、美容に対するさまざまな効果が期待されます。この幹細胞を体外(試験管内)で培養して遠心分離させ、培養液から細胞や不純物を取り除いた上澄みの部分が「上清液(じょうせいえき)」です。培養液中にサイトカインが蓄積され、ヒトの細胞が放出した体内にある自然な状態に近いサイトカインが得られます。 当院が使用する臍帯由来の幹細胞培養上清液は、これまで主流であった脂肪由来幹細胞に対し、より多能性があり希少性も高く更なる効果が期待されます。

幹細胞治療とヒト幹細胞培養上清液療法の違いについて

人間の身体は約50兆個の細胞で構成されています。怪我や病気、老化などによって損なわれた細胞の再生のため、分化の源となるのが「幹細胞」です。自身の幹細胞を培養・増殖し体内へ戻すことで、アンチエイジングや組織の再生、各種疾患の治療を行うのが「幹細胞治療」です。ヒト幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した培養液に減菌処理等を行った後の上澄みのことを言い、最新の研究では、幹細胞から分泌される500種類以上もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が、体内にある再生能力の高い細胞にはたらきかけることで組織の再生を促すなどの効果が期待できることが分かってきています。

ヒト幹細胞培養上清液療法で期待される効果

肌・皮膚の再生を促す因子、血管を増殖させる因子、神経を修復する神経再生因子、免疫を調整する免疫調整因子、骨形成を進める因子なども含まれている可能性があることが分かってきました。

培養上清液に期待される効果

  • 抗炎症作用
  • 障害部位(損傷部位・炎症部位)の治癒促進、疼痛軽減効果など

  • 血管再生・血管新生作用
  • 動脈硬化などによる血行の途絶に対して側副血行路血管新生など

  • 活性酸素除去作用
  • 疲労回復、生活習慣病予防など

  • 免疫調整作用
  • アレルギー疾患など

  • 神経細胞修復・再生作用
  • 末梢神経の修復など

  • 美容作用
  • 組織修復作用により二次的なシワやたるみの改善など

培養上清液に期待される効果

  • EGF(上皮細胞成長因子):肌の再生・創傷治癒・シミやシワの予防
  • bFGF/(塩基性)線維芽細胞増殖因子:血管新生・組織修復
  • PDGF(血小板由来成長因子)
  • VEGF(血管内皮細部成長因子)
  • IGF-1(インスリン様成長因子) 

ヒト幹細胞培養上清液療法を活用した当院の治療

現在当院では、ヒト幹細胞培養上清液を活用して以下のような治療を行っています。人幹細胞培養上清液は様々な働きがあるため治療範囲が広い点も特徴です。症状等にあわせて医師が診察の上で具体的な治療法の提案などを行いますので、まずはご相談ください。

美容皮膚科

  • 美肌、エイジングケア
  • 加齢に伴うしわやたるみ、シミなどの変性は、顔だけではなく手の甲や体など全身に起こるものです。脂肪由来幹細胞から産生される培養上清液を使用することで、たるみやしわを改善し、肌の弾力やハリを取り戻す効果が期待される他、ケガなどによる傷跡を薄くする効果も期待できます。

  • 発毛
  • AGAや薄毛でお悩みの方に対して、IGF-1やPDGFは発毛にも効果が期待できると言われる成分で、培養上清液にも含まれています。

整形外科

  • 膝関節治療
  • 関節内の炎症沈静化及び組織修復を促す効果が期待できます。

  • 血管の再生
  • 動脈硬化などが誘因となって引き起こされる心筋梗塞や、脳梗塞後の側副血行路生成促進が期待されます。血管の新生を促すことや血管の老化を防ぐことは、心血管病変や脳血管病変のリスク低減が期待され、結果としてQOLの向上に繋がります。

培養上清液の安全性について

  • ドナーのスクリーニング検査の徹底
  • クリーンルームによる滅菌処理やコンタミネーションの防止
  • 日本薬局法に準じた無菌試験法を14日間施行
  • 上記を含め、厳格に管理された施設内での製造

治療の回数

症状などによって個人差がありますが、初回より何らかの効果を感じる方もいます。5回から6回の治療で多くの方に実感して頂けるようです。 当院の幹細胞培養上清液は、無菌室で幹細胞培養(完全無血清培地)され、原料のウイルスフリーテストなどをされ、幹細胞を分離した後、遠心分離した上澄み液に滅菌処理を施し作成されたものです。幹細胞培養上清液は、点滴、局所注射、関節内注射、外用療法などの投与形態があり、その投与により、幹細胞が産生した成長因子・免疫調節因子・抗炎症性因子・神経再生因子などが病態に応じて作用するのに加えて、体内の幹細胞を活性化することにより効果が発現すると考えられています。

起こりうるリスク・副作用

  • アレルギー
  • 現在感染症がある場合の悪化

丁寧な診療を
心がけております

当院は予約優先で診療を行ってまいります。
直接来院も承りますが、受付時間外もしくは混雑状況によりお受けできない場合もございますことをご了承ください。

pagetop